ペリーなどについて勉強しました

勉強をしました。1985年以降、日本経済は輸出依存型から内需主導型に切りかえて好況をむかえました。日本は世界の平和と繁栄への協力を心がけなくてはいけません。1854年にペリーが2度目に来航したとき、将軍への贈り物として蒸気機関車の可動模型と電信機とをもたらしました。アメリカ人は陸揚げした横浜でこれらの使い方を実演し、多くの日本人がそれを熱心に見物しました。それから18年後に新橋・横浜間に最初の鉄道が開業し、その2年後には長崎から青森まで電信が通じました。当時の電信機の大半は外国人の指導を受けながらも、国内でつくられていました。製作の中心となったのは江戸時代からの高い技能を示して「からくり儀右衛門」とよばれた田中久重の工場(現在の東芝の起源)でした。このような在来の技能とともに、政府が鉄道や電信によって人びとに文明開化を体感させ、またすばやく情報を交換して変革をはやめ、さらには人びとがそれを見て鉄道や電信を商業などに利用したいと望んだことが、これらの急速な導入と普及をもたらしました。これがおススメ